デジタルデータで写真を保存するデメリット

保存機器の突然の不具合・故障で再生できなくなってしまう

外付けのハードディスクやSDカードなどに撮影した写真を保存しておくと、写真の管理がとても楽なのですが、外付けハードディスクの不具合やSDカードの不具合によりパソコンやスマホで再生できなくなってしまうことが稀に起こってしまいます。また、バグによりデータが全て消えてしまうという最悪の状況に陥ってしまうことも稀にあるのですが、だからと言って便利なものを使わないというのはナンセンスです。使わないようにするのではなく、メリットがあれば必ず何かしらデメリットがあるということを認識して、対策をしておきましょう。デジタルデータで写真を管理すると非常に便利なので、突然の不具合でデータが消失されるデメリットのことなど忘れがちになるのですが、デジタルデータで写真を管理するデメリットもあることを知っておきましょう。

大切な写真はプリントアウトしておきましょう

外付けハードディスクやSDカードにデジタルデータとして撮影した写真を残しておくと、パソコンやスマホがあればいつでもどこでも写真を見ることができます。しかし、保存機器に絶対はないので不具合を起こしデータ再生不可や消失といった最悪の状況が起こってしまうのです。そんな時のために大切な写真はプリントアウトしてリアル媒体として持っておくようにしましょう。デジタルデータで写真を管理するのはとても楽ですし、撮影した写真がかさばることもないです。ですが、写真がかさばらない分、大切な写真が消失してしまうという大きなデメリットがあることもしっかり認識しておきましょう。消失してしまった写真のデジタルデータはもう戻ってきません。デジタルデータでの保存は便利ですが、便利だからといって頼り過ぎると後々取り返しのつかない状況に陥ってしまうかもしれないので注意しましょう。