みなさんは写真をどのように残していますか?フィルムカメラが主流だった時代は写真を現像してアルバムに保管していましたが、デジカメやスマートフォンの普及でデジタルデータのまま写真を保存している人が増えてきました。また、近頃はフォトブックという形で写真を残している人もいるようです。

デジタルデータ

撮った写真をデジタルデータのままSDカードやUSBに保存することで、場所を取ることなくたくさんの写真を保存することが可能になりました。パソコンやスマートフォンにデータを入れておけば、いつでも気軽に思い出の写真を振り返ることも出来ます。しかし、デジタルデータ写真を保存することにはメリットの他にデメリットもあるので注意が必要です。

デジタルデータで写真を保存するメリット

現像してある写真を保存するとなると、どうしても、保管スペースが必要となってきます。特に、枚数が多くなればなるほどかさが増します。その点、写真をデジタルデータで保管すれば、メモリーカードやハードディ…

デジタルデータで写真を保存するデメリット

外付けのハードディスクやSDカードなどに撮影した写真を保存しておくと、写真の管理がとても楽なのですが、外付けハードディスクの不具合やSDカードの不具合によりパソコンやスマホで再生できなくなってしま…

オススメの写真の残し方!デジタルフォトフレーム

お気に入りの写真をいつまでも手元に残しておきたいと考えたときに役立ってくれるのがフォトフレームです。いつでも見られることに加えて、湿気や汚れなどから守ってくれるため、大切な写真を長い間楽しめるよう…

世界に一つのフォトブック

海外旅行などの写真は特別な形で残しておきたいもの。最近では、フォトブックを作成するためのサイトやアプリが多数あります。自分だけのオリジナルなものを作ることができます。

フォトブック

アナログな写真の残し方として、手軽に作成出来るフォトブックの人気が高まっています。デジタルデータで写真を保存するのも良いですが、やっぱり思い出の写真はカタチにして残しておきたいもの。ここではフォトブック初心者の方へ向けてフォトブックの魅力を説明していこうと思います。